株式会社ロコレディ

本年度の募集は終了致しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ロコレディ2 採用担当者インタビュー



 

子供の送迎があってフルタイムで働き続ける事ができなくなってしまった。育児がひと段落したのでパートからフルタイムに復帰したい。親の介護があるので、仕事のペースを抑えたい。 オーダー・メイド型人事制度 で従業員一人一人の家庭の事情(育児、介護等)にフィットした勤務形態を選択することができます。



 
女性が働き続ける上で分岐点となるのが、結婚、出産、育児、介護です。
 

それぞれの分岐点で悩みを抱えるワーキングウーマンは多数存在します。その都度、自分の条件に合う職場を選択していければ、分岐点での悩みは解決できますが、そうはいっても、うまくいかないこともあります。ロコレディを支えるスタッフの大半は女性です。以前は、前述のような分岐点で離職される方が多く、優秀な女性スタッフに長く働いてほしいと願うロコレディにとっても悩みの種でした。そこで、「オーダー・メイド型人事制度」を開発し、導入したことで、分岐点で離職する女性スタッフが減り、離職したとしても、復職するスタッフが増え、勤続年数がさらに伸びてきました。




 
オーダー・メイド型人事制度とは
 

「ヒット商品よりもフィット商品」をモットーとし、お客様一人ひとりにフィットした商品を提案しているロコレディでは、会社に従業員が合わせるのではなく、従業員一人ひとりの家庭の事情(育児、介護等)にフィットした勤務形態を選択することができます。

採用面接時に社長とじっくり話し、家庭の事情を十分に考慮した上で、勤務地・勤務時間等を決定します。ただし、店舗の立地や欠員の状況もあるため、希望が100%通るわけではありません。従業員(応募者)側と会社側から希望を出し合い、双方が納得できる合意点を探して、最終的な勤務地や条件を決定します。就業開始後も半年に1度は面談があり、うまくいかなかった場合や状況が変わった場合でも、コースの変更が可能となります。


ロコレディでは、どのような勤務形態でも、すべて「社員」です。
パートだとか、シニアという言葉は、存在しません。





就業条件例
 
基本の勤務体系 勤務時間:9:45~18:45 休日:週休二日
オーダー・メイド型人事制度を選択した場合
ケース①幼稚園の子供がいる従業員 ・平日の勤務時間 9:45~16:15 →子供を幼稚園に送迎するため、退社時間が早い。 ・日曜日は出勤日とし、9:45~18:45で勤務→夫が在宅している日曜日は出勤する。 ケース②自宅で母親の介護をする従業員 ・月曜・火曜の勤務時間 9:45~15:15 →ケースワーカーが来る月・火曜は早くあがる ・通常勤務は、9:45~17:15で勤務→妹が家に来てくれるので勤務が可能



 
人材登録制度
 

社長との面談で話をし尽くしても、どうしても希望通りにいかない場合もあります。その場合は、「人材登録制度」に登録いただきます。 勤務可能な店舗での欠員時や、繁忙期等で人手が必要なときに連絡を取り合います。

現在、17名以上が登録しています。




 
シニア雇用制度

 

ロコレディでは60歳の定年を迎えても、「シニア社員」として勤務を続けることが可能です。最年長の現役販売員は、 なんと74歳!
60歳で一度定年退職しましたが、父親の介護の後、67歳で職場復帰し、今も現役で売場に立ち続けています。
その他にも、60歳を過ぎた販売員が複数おり、いきいきと働き続けています。年齢で一律に区切るのではなく、従業員 に「働きたい!」「働ける!」という思いがある限りは、仕事を続けることができます。

 
ロコレディ内での禁句
 

様々な勤務形態、年代、事情の従業員がいるロコレディでは、以下の言葉が禁句です。
「パートだから」 「女性だから」 「主婦だから」
従業員一人ひとりの都合で雇用形態は異なりますが、顧客や会社への姿勢は同じでなければ困るため、「パートだから」「女性だから」「主婦だから」といって逃げることは許されません。

従業員にいきいきと働いていただくために、会社として雇用形態は事情に合わせて配慮しますが、仕事内容に関しては遠慮や妥協はせず、お客様にフィットするために、逃げずにトコトン話し合っていきます。











先頭に戻る
TOP