株式会社のはら

募集を終了致しました。ご応募ありがとうございました。

社長インタビュー
社長イメージ
株式会社のはら 代表取締役 野原 弘史
  
まずは私たちの会社を知ってください。
「株式会社 のはら」(本社・茨城県結城市)は創業68年のOA機器・事務用品販売会社。
官公庁や民間企業を中心に約4500社のお客様をもち、北は栃木県宇都宮市、南は茨城県つくば市までエリアを拡大させています。創業以来脈々と受け継がれてきた「株式会社のはらに関わるすべての人を喜ばせ幸せにしよう」というモットーのもと邁進する株式会社のはらの代表取締役の野原弘史さんにお話を聞いてみた。
     
Q 事業内容を教えてください。
A オフィスに関わるものはお任せください!
当社は今年で創業68年を迎えます。創業当初は、紙・文房具を中心とした「文具事務用品」を取り扱っていました。 時代と共にオフィス(事務所)で使用するものも変化し、現在は「OAプラザのはら」の店舗名で営業を展開、カラー複合機を中心とした社内ネットワークに関係するもの(サービス保守)すべてを販売しています。
具体的には、サーバー、パソコン、アプリケーションソフトなどです。他にも事務所の新設や移転などの際にはオフィスレイアウト設計やオフィス家具設置販売を行っています。
これまでも、大手製造業の工場や大型病院、介護施設などに一括して納入させていただいた実績もあります。 また、関連会社には中古機器の販売を主とする株式会社ライブオフィスがあり、お客様の要望の変化から需要は高まっているので、両社で様々な商材を扱わせていただいております。
常にお客様の仕事内容に深く入り込み、身近な存在でありたいと思っています。
 
Q 貴社の強みを教えてください。
A 健全企業に選出された、当社の3つの強みがあります!
2011年末、業績・取り組みを評価され、「健全企業」に選出されました。会社の強みは大きく3つあります。
1つ目は商品のバリエーションの豊富さ。カラー複合機等、オフィスの広さや仕事内容に併せて幅広く提案可能な商品です。
2つ目はメーカーと組んだアフターサービス。※メーカーのアフターサービスを完備した会社は茨城県で他に例がありません。
3つ目は人財・チームワーク。ここが創業67年の歴史を支える当社最大の強みです。個人の営業ではありますが、会社全体チームとして助け合います。
あとは熱い想い・個人が仕事に人生に・・・想いを持った会社です。 
     
Q 普段社長はどんなお仕事をされていますか?
A 実は私も営業に行きます!

経営戦略を練ることもありますが、私は今も営業で外回りをすることがあります。
社長椅子に座って指示するだけ・・・なんてことは一切ありません。私は上から目線が大嫌いだから。営業の皆と目線を合わせて、悩みも共有できるし、聞いてあげられる。
それが社長としての私の強みだと思っています。
創業67年、うちの会社の強みはなんと言っても「人」 です。今後も社員1人1人の良さを引き出せる営業を目指し、成長していきたいですね。

 
Q 営業のやりがいとは何でしょうか?
A ずばりお客様との関係性を築くこと!

これはうちの営業マンの話ですが、新人営業時代、最初は門前払いを受け、チラシさえも受け取ってもらえないことがあったそうです。
少し期間を空けて二度、三度と訪問するうちに、受付の事務員さんと仲良くなり、チラシを渡すと、快く受け取ってえたとのこと。そしてその数日後、「何回か通ってくれたんだって?○○君にお願いしたいんだけどさ。」と電話が・・・!その後の商談・打ち合わせでは温かいコーヒーをいただいたですと喜んでいました。
彼はそのコーヒーの味が今でも忘れられないそう。商品ではなく、自分を認めてもらえた初めての経験で、自信がついたし、仕事が好きになっていくきっかけになったようです。お客様と向き合う度にそういったエピソードがどんどん増えていく。それが営業の魅力ですかね。 

     
Q 今後の会社のビジョンをお教えください。
A 今後も当社に関わるお客様全ての方を幸せにします!
つくば市を拠点に茨城県南部で、水戸市を拠点に茨城県中央部でお客様のお役に立てる存在になっていきたいと考えています。
また、2015年までには栃木県内にもう1店舗、また群馬県にも店舗を広げていきたいと思っています。その後には、OA事務機器業界の北関東エリアでナンバー1の企業を目指していき、当地区で当社に関わるお客様全てが幸せになっていただけるように、努力していきます。 
 
Q 最後にひとことお願いします。
A 従業員満足度を高めることも私の仕事です!

今後の会社の成長のため、ES(従業員満足度)の向上を重視しております。
当社一番の強みである仲間(社員の皆)に満足して貰える環境作りをする事で、仕事の効率やクオリティも上がると考えているからです。
win-winの関係を重視し、給与や会社の待遇をもっともっと良くして参ります。
楽しみにしていて下さいね!

     

インタビュー先頭に戻る