株式会社ユーゴー

【総合職/クリーニング】何かに熱中した経験のある方、お客様・仲間と気持ちよく応対できる方お待ちしております◎2019年卒

[アイコン] 取締役&先輩社員インタビュー

[会社ロゴ]株式会社ユーゴー

オンリーワンのアイディアで、
業界ナンバーワンをめざします。


茨城、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬、長野、福島を中心にグループ店舗を展開する、北関東最大のクリーニング店。

クリーニング専科やMIXMAXなどを運営し、「誰もが快適と思える生活のために、新たな価値を創造していく。」そんな感謝をされるリーディングカンパニーを目指しています。

[イメージ]株式会社ユーゴー

インタビューにお応えして下さった方々

  • 代表取締役社長:沼崎さん
  • 事業部・サブマネージャー:小松さん
  • ブランドマーケティング部・デザイナー:吉田さん

※入社年数・所属役職は2018年1月時点

1.貴社について(業界・特徴・強み)

クリーニング店を、
「楽しいから行きたい」と思える場所へ
変えていきたい!

◆ 沼崎さん(以下沼崎):学生のみなさんはクリーニング業界をあまり知らないかもしれません。それは新聞にもテレビにも取り上げられることのない業種だからです。

しかし意識してみてみるとあなたの住む町にもクリーニング店はあるはず。私たちは業界のリーディングカンパニーとして業界を変えるような取り組みも数多く行ってきました。

【イメージ】沼崎さん
                               

例えば、私たちはクリーニング店を「必要に迫られて」ではなく「楽しいから行きたい」と思える場所へ変えていきたいと思っています。

クリーニング店は、従来お客様にとって「自分でケアするのが難しい衣類を、仕方なく出すために」足を運ばれる場所でした。私たちはそんなお客様へ“利便性”と“楽しさ”を提供したいと、本気で取り組んできました。


「ファッションをよりトータルで楽しむ」

最近では服飾の専門学校と連携してお客様から募った古着をリユースしたり、自社で古着を提供するサービスもスタートしました。更に現在、店舗サービスの一部をセミセルフ方式にするアイデアを形にして業界初のセルフサービスを導入したクリーニング店が誕生しました。

他業界の秀逸な事例も参考にしながら“お客様目線”で本当に必要なサービスは何かを考え、そして今後は服のケアだけでなく「ファッションをよりトータルで楽しむ」方向へと展開していきます。お客様の満足度はもっと上げられる、私たちにはまだまだやれることがある、と考えています。


[イメージ]クリーニング専科内装

[イメージ]クリーニング専科外観

[イメージ]MIXMAX外観

[イメージ]MIXMAX内装


2.仕事をする上で大切にしていること

私たちは想いを大切にしている会社です。

◆ 沼崎:
『サンキューカード』と呼んでいますが、私たちの想いを記した1枚の「クレド」が存在しています。

サンキューカード

人が「ありがとう」を言いたくなるのは、どんな時か。それは、こちら側が、相手の気持ちを悟り、何かしら気を利かせた時、その人が望むことを想像し、先回りした行動をとった時にこそ「ありがとう」をいただける。

常に相手の気持ちを考え、自分 1 人だけではなく、周囲の人と支え合い、「ありがとう」を言ってもらえる仲間たちが集まっていけば、ありとあらゆる場面で仕事がしやすくなるはずだと確信しています。

もう一つ。自分にとって嬉しいことをしてくれた方へ、素直に「ありがとう」の言葉を、互いに言い合える集団にしたい。

そこを一番、大事な部分と考え、経営理念と併せ、経営目標、行動指針、日常業務の基本原則を記した『サンキューカード』を作りました。

経営理念には、「ありがとう」と感謝し、感謝される組織にしたいという想いを込めました。

お客様と私たち、会社と働く仲間がお金ではなく気持ちで結ばれる企業でありたいと思って行動しています。

【イメージ写真】


3.企業としての今後の展望・方針について

お客様満足・スタッフ満足・経営の充実を、
どれも全力で。

◆ 沼崎:1976年の創業以来、独自の戦略で業績を伸ばしてきた当社。

地域のお客様とともに歩み40周年を迎えた現在、もっとも大切にしているのは“数字ではなくそこへ至るまでのプロセス”そして“社員一人ひとりの成長”です。

私の信念は「仕事を楽しむことで、結果は後から必ずついてくる」ということ。現場に無理をさせたりむやみな価格競争でお客様を獲得するのではなく、付加価値を高めることでファンを増やし、お客様と“相思相愛”の関係性を築くことを第一としています。

そのためにも、目指すのは“しっかり休めるサービス業”です。良い人材なしでは、良いサービスができるはずがありません。

まずは皆さんに「こんな会社で働きたい」と思っていただけるような環境づくりが何より大切だと考えています。

平屋のリゾート施設をイメージした
本社オフィス
[イメージ]オフィス1

[イメージ]オフィス2

[イメージ]オフィス3

[イメージ]オフィス4


                                                   

4.入社の理由

− 「 チャレンジのできる会社 」

[イメージ]小松さん


◆ 小松さん(以下小松):私が就職活動をしていた時に、出会ったユーゴーの印象は、チャレンジのできる会社というイメージ。会社説明会を運営していたのは気合のみなぎった若手社員でした。

私と年齢も大きく変わらない社員が会社の未来にかかわる重要な仕事を任せてもらえる、ということが驚きと「ここだ!」という明確な希望ができました。

「かっこいい大人」になりたいと思っていた私はここなら自分自身を成長させてくれる何かがあると確信しました。





− 「 楽しそうな会社 」

[イメージ]吉田さん


◆ 吉田さん(以下吉田):それが私がユーゴーに抱いた最初の印象でした。

日本一楽しいクリーニング店を目指す、という話を聞き実際店舗へ見学へ行くと楽しいお店のデザインと、「クスッ」と笑ってしまうような楽しいイベントをしている。

デザインを通して店舗のイメージを作り出すような仕事ができると感じて、どんどんユーゴーが好きになっていきました。




5.最も心に残るエピソード

− 新卒1年目、
仲間や先輩とやり遂げたプロジェクト。

◆ 小松: 入社1年もせずに、本社工場の工場機械レイアウトの変更を行うプロジェクト。私を含む新卒1年目の社員3名が任されたプロジェクトでした。

[イメージ]小松さん



1人が1つのポジションを担当する従来のやり方から、1人が複数のポジションを担うことのできる多能工の仕組みへ。今までと違う新しい取り組みで生産性は増大すると思っていました。

結果は失敗。レイアウト変更をしても生産性は良くなりません。「モノ」を変えただけで、成果につながると思い込んでいたのです。

実際に足りなかったのは『人』のマネジメント。私自身の力不足を思い知らされました。

しかし、先輩マネージャーや現場の仲間からの支えもあり徐々に生産性も向上。私も現場のスタッフも一緒になって少しでもよくする方法を考え続けました。

私が異動するころには「小松マネージャー、私と一緒に考えてくれてありがとう」という言葉も頂きました。





− 自分のアイデアが形になった、
初めての「遊べる店舗」制作。

[イメージ]吉田さん

◆ 吉田:印象に残っているのは、クリーニング専科館林店のOPENの際に導入した「遊べる店舗」です。

楽しい企画・イベントはたくさんあったのですが、行って遊べるお店を作ったのは初めてでした。

私がアイデアの中心となり『巨大迷路』を店舗内に作成したのですが、どのようにしたら楽しんでもらえるか、実際に遊ぶ子供に危険がないか、などを考えながら自分のアイデアが店舗という見える形になったことは感動でした。

この店舗ができて5年。今店舗の迷路は内容などをリニューアルしながら来店したお客様に楽しんでもらっています。



6.就活生へのメッセージ

未経験でも安心のサポート環境があります!

◆ 小松:就職活動をする中で、「私にできるのかな」「僕でもこんな難しそうなことやれるの?」と自信をなくしてしまうことありますよね?

ユーゴーはクリーニング業の会社ですが、ほとんどの方が未経験で入社しています。なかなか若いうちにクリーニング店に足を運ぶことが少ないですし、触れる機会自体がありません。

それでも、店舗や工場、事務どの部署においても、仕事を丁寧に教えてくれます。入社前の研修や入社後のサポートもしっかりしているから安心して働ける環境です。

自ら積極的に考え、周りからも学ぶ姿勢を歓迎します!

◆ 吉田:チャレンジ精神を大切にしている私たちが歓迎したいのは、自ら動く“主体性”のある人。そして失敗を恐れず、次に生かそうと努められる人は必ず成長します。

服が好きで愛着が持てる人なら、さらに仕事を楽しめるのではないかと思いますね。当社ではその人が一番輝ける場所はどこか“適材適所”を常に考える風土がありますし、私は社員の皆のやりたいことをいつでも応援する立場でありたいと思っています。

若い感性で、新しい風を起こしてくれる皆さんに会えることを、心より楽しみにしています。



「 個人の成長が、会社の成長 」

◆ 沼崎:『成長している会社に入れば自分も成長できるかもしれない』と思ったがことありませんか?これは実は、正解なようで正解ではありません。

会社はなぜ成長するか「売上が上がったから」「価値を作ったから」「店舗が増えたから」確かに間違いではありません。しかしながらこれはすべて結果です。



ではだれが「売上」を作り「価値」を提供し「店舗」を増やすのでしょう?すべて働く人なんです。つまり、『人』が「会社」を成長させているのです。

私達の会社ではよくこんな言葉を聞きます。「個人の成長が会社の成長」。ひとりひとりが成長できるステージがユーゴーにはあります。自分も会社も成長させたい方お待ちしています!

 募集要項はこちらから