株式会社コメディコつくば

本年度の新卒採用は行っておりません。たくさんのご応募ありがとうございました。

採用担当者インタビュー
グランヒルズ阿見
     
代表取締役社長:富樫さん 超高齢化社会に向けたプロフェッショナルを輩出して行きたい。、もちろん、未経験者、異業種からの参加も大歓迎。 医師:平野さん ここでのキャリアがこれからの施設がい後の新しいスタンダードになる。
 
グランヒルズ阿見 外観

JR常磐線荒川沖駅から車で5分程。喧騒から離れた森林の中に浮かび上がるカラフルなファサードは一見老人ホームとは思えない。これが住宅型有料老人ホーム「グランヒルズ阿見」。斬新なのは外観だけではない。一歩中に踏み込むと玄関から続くホールには陽光が燦々と降り注ぐ。内装も、ここで暮らす人はもちろん、働くスタッフにとっても考慮された自慢のデザインである。運営のコンセプトも、これからの超高齢化社会にマッチした先進性が見られ多くの新聞、雑誌の取材が訪れた。
  ここで、代表取締役社長の富樫さん、そして、メディカルパートナーの医師であり、大竹しのぶ主演でドラマ化された「看取りの医者」の作者 平野さんのお二人にお話をお伺いしてきました。


  1.施設の特徴や求める人物像に関して教えてください。
 
 
 画一的な空間に入居者を合わせるのではなく、お客様の個性にあったオーダーメイドな介護を追及しています。総敷地面積のうち現在使用しているエリアは、まだ、1/4です。そういう意味では、まだスタート位置についたばかりなのかもしれません。しかし、この一年半で我々は多くの事を学びました。私たちはスタッフに感性を求めます。一人一人のお客様の、そして一日一日を考え、そして少しづつでも、前に進んでいくクリエイティブな人材。私も異業種からの参入ですが、これまでの経験は問いません。これからの、やる気と勇気を求めます。
 
 
 デザイナーによる設計で明るく開放的な空間新しいコンセプトに基づいた先進的な施設です。2011年 拙著「看取りの医者」が大竹しのぶ主演でドラマ化した際の舞台構想が原点にあります。空間デザインは明るく開放的で、住む人にも、働く我々にも居心地の良い場を提供してくれます。入居前に見学にみえるお客様も、御家族も一目で気に入っていただける自慢の場であると思っております。働く我々にもプライドを与えてくれます。
 
 
 私たちは、次のリーダー候補を求めています。そして、これからのプロジェクトを一緒に描ける方と出会いたいです。
 


  2.働きやすい環境づくりで取り組んでいる事はありますか?
 
医師からの新人研修 ― 富樫さん
  最近、介護と医療は分離するものでなく一体であるという考えがあります。新人研修としては平野医師からの医療も含めた、これからの介護の考え方を研修していただきます。また、日常においても訪問看護と医療と一体になった研修を受けられます。
明るい施設デザイン ― 平野
  施設は外装も内装も働く側のことも考えています。365度光を取り込むデザインになっていて、明るく開放的なつくりになっています。入居者の方はもちろん、働くスタッフにとっても快適な空間だと思います。現在従業員は約50名ですが、新しい方も溶け込みやすい、分け隔てなく向かい入れていく仲の良い職場です。意見も言いやすい環境だと自負しております。是非、医療系の私たちにも気軽に声をかけていただきたいと思っております。また、スタッフの医療相談、診察も、この空間で行えます。

充実の研修 ― 富樫さん
  研修は我々だけでなく外部からの講師を招き様々な研修の取り組みをさせていただいております。介護福祉の業界ではチームワークや組織力は勿論ですが個人の能力が求められます。現在も、月一回のマナー研修や介護技術研修を行っています。私たちの財産は、まさに人なのです。人材が人財となるように、これからも、教育に取り組んでいきたいと思います。
富樫さんとイメージ
グランヒルズ阿見でのキャリアがこれからの施設介護の新しいスタンダードになる
   
  これからの施設に求められるものは何か?
なぜ、私たちの施設 グランヒルズ阿見が新聞等の取材を受けるのか?
その一部は、この一年半の活動で答えが出ています。
あえて、ここでは述べません。
それが、何か?
見学でもいいので一度いらしてください。直接お話しができればと思います。
グランヒルズ阿見でのキャリアが、
今、日本が求めている施設介護の新しい基準(スタンダード)なのです。
   


  3.お二人から今後グランヒルズ阿見で働く方へのメッセージをお願いします。
 
 
 

一事で言うのならグランヒルズ阿見は、「ありがとう」と「ぬくもり」をダイレクトで感じられる職場です。長年、全く違う分野の仕事をしてきら私だからこそ強く感じている、「利用者の声が直接聞ける」「ぬくもりを感じられる」「自分のやった事がダイレクトに帰ってくる」そして「ありがとうを実感」出来る仕事です。それが私自身感じる、この仕事のやりがいです。他に仕事がないからではなく、ここで働きたいと思う方、福祉の仕事をやりたいと思う方と一緒に全国のモデルとなる施設を作っていければと思います。そんな思いを共有出来る方、ぜひご応募下さい。

 
 

当施設は新しいコンセプトに基づいた、今までにはなかった老人ホームです。12年間、私が携わった訪問診療、地域医療に足りないものを補うものです。既成の概念に縛られずこれから様々な事に取り組み、入居者の方、働く側双方にとって良い施設を目指していきます。目標はコミュニティ コア(地域の核)として老若男女が集まれる場として、そんな施設を作っていければと思っています。

 


インタビュー先頭に戻る